残業時間の上限は?

労働基準法では、1日・1ヵ月・年間における残業時間の上限が定められています(第36条が残業時間にかかる内容を記載していることから、「36(サブロク)協定」と呼ばれています)。

1日の残業時間の上限

そもそも労働時間は8時間を超えないこと(週40時間労働)が原則で、それを超えた分が残業時間としてカウントされます。

また当該残業時間については1週間で15時間までとされているため、目安としては1日あたり3時間の残業時間となります。

ただし、フレックスタイム制度を導入している等企業による特別な雇用(もしくは契約)形態がある場合はこの限りではなく、

極端な話で申し上げれば1日あたりの上限はないということになります。

1ヵ月の残業時間の上限

1ヵ月の残業時間は原則45時間までです。仮に45時間を超えそうな場合は(大企業であれば労働組合への)申請が必要です。臨時の業務としてやむを得ない事情がある場合、労使の協議を経ることで80時間まで延長することが可能です。ただし、45時間を超える月数が1年度を通して6回を超えることは違法となります。

年間の残業時間の上限

年間の残業時間は原則360時間までです。

1ヵ月の場合と同様に、労使の協議を経ることで750時間まで延長することが可能です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ