交通事故でなぜ示談に注意が必要なの?

交通事故の被害に遭った場合には被害者は加害者に対して損害賠償請求をすることが出来ますが、それに加えて治療をした後に重い後遺症が残った場合に後遺障害等級に認定されたらその治療費も請求することが出来ます。
思い後遺障害が残ってしまったらその後も病院に行って治療をしなければならなくなるので、この請求は当然のことだと言えます。
ただこういった請求をする場合に話し合いをする相手側は保険会社になるので、その点はよく知っておく必要があり適切な対応をすることが大切です。
この示談交渉はこのようなことに慣れている保険会社が被害者と話し合うことになるので、保険会社のペースになってしまい結局予想以上に少ない額で示談に持ち込まれてしまうケースが多いのです。
後遺障害に関する治療費についても本来後遺障害等級に応じて慰謝料が支払われるはずであるのに、保険会社に上手く言い包められてしまうこともあります。
そして結局満足の行く治療費を受け取ることが出来ずに泣き寝入りをするしかない場合もありますが、被害に遭った上にこのような状態に置かれたら悔しくて仕方がないです。
そのためどうしたら被害者側のペースで示談交渉をすることが出来るかを考える必要がありますが、その方法として、交通事故の示談交渉に強い弁護士に相談すると言うことを挙げることが出来ます。
弁護士がいると心強いことが多く保険会社との交渉に関しては一任してしまうことも出来るので、交通事故の被害に遭って損害賠償を請求する場合にはその前に弁護士に相談をするのが良いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ